肥満の原因は食事の量、運動不足などが考えられます。太り過ぎると運動することがダルイ、けど食事の量は減らしたくないと思う方がほとんどだと思います。こちらでは高い効果がある肥満治療薬についてご紹介していきます。

ルイボスティー・肥満治療薬・水泳でダイエット

お茶系のダイエットは今までにもありましたが、最近注目が集まっているのはルイボスティーです。アンチエイジング効果があるという事で、特に女性に人気があります。
ルイボスティーに含まれている栄養素には、ビタミンB1、B2といった美容に不可欠なビタミンや、マグネシウムなどのミネラル類も豊富に含まれています。マグネシウムは腸の中の水分を集める事で便通を改善させる作用があります。
その他の成分として、「SOD」という酵素が含まれています。これにはデトックス効果があり、毒素を排出させる作用があります。毒素が溜まっている状態だと、血流が悪くなって体が冷えやすくなり、新陳代謝が低下します。ルイボスティーにはデトックス効果があるので、新陳代謝を高めて痩せやすい体に改善させる効果が期待出来ます。
他のダイエット方法には、肥満治療薬を使った方法があります。肥満治療薬というと病気の人しか使えないようなイメージがありますが、ちょっと太めなので痩せたいという人でも、個人輸入で手に入れる事が出来ます。
肥満治療薬は、食欲抑制系、栄養吸収阻害系、脂肪燃焼系の3つがメインです。ストレスが原因で食べてしまうという人は食欲抑制系、付き合いの食事が多い人や脂っこい食事が好きな人は栄養吸収阻害系や脂肪燃焼系を選んでみると良いでしょう。
さらに、運動として水泳を行うと効果的に筋肉をつける事が出来ます。水泳といっても、本格的に泳がなくても水中ウォーキングだけでも構いません。水中ウォーキングには、普段使わない下半身の筋肉(内転筋など)を鍛える効果があります。もちろん、泳げる人ならば水泳で色々な泳ぎを楽しめば運動効果は高いです。楽しんで行うのが、ダイエットのコツです。